「Spray for Change」ケニア大統領選挙と平和の誓い



この3月4日にケニア大統領選挙が実施されました。ケニア国民にとっては、この数年間で一番の関心事。前回の2007年末に実施された大統領選挙では、開票作業中の不正をめぐって大規模な民族対立が起き、1000人以上の死者と数十万人の国内避難民を出す最悪の展開になったからです。そのため今年に入ってからナイロビ在住の外国人の多くが、最悪の事態を想定して大量の食料品と消耗品を買い込んで、籠城の準備を進めていました。

その一方で、数えきれないほど多くの、平和を維持するためのキャンペーンも行なわれていました。テレビやラジオ、ストリートデモで繰り返される平和への掛け声。宗教団体が大統領候補者たちを集めて平和を誓わせたパブリックな集会。ナイロビ東部の貧しい地区やスラムでもNGOやコミュニティ団体が主催するさまざまな取り組みが行なわれ、民族間の違いよりもケニア国民の連帯への意識を高めていました。



ケニアのアート界でも詩や映像、絵画、パフォーマンスなどあらゆる表現手段を使った多様なプロジェクトが企画されました。その1つが「Spray for Change」。ケニアの玄関ともいえるジョモ・ケニヤッタ国際空港の工事現場を囲う全長400メートルのトタン板に、10名のグラフィティー・アーティストたちが「新しいケニア」をテーマに描きました。ケニア最大のペンキ会社Duracoatが主催しており、インターネット投票で一番人気のあったアーティストに25万円の賞金が贈られます。これから半年〜8ヶ月は現在地に展示されているとのこと。空からナイロビに降り立ったらまず最初に出会うアートプロジェクトです。

選挙結果が発表されてからちょうど一週間。ケニアは選挙を平和に乗り切り安堵しているところです。

*尚、本選挙の結果をめぐっては、負けた候補が「開票プロセスに不正があった」として最高裁判所へ訴訟を起こしています。暴力ではなく裁判による解決を求めており、今後の裁判所の判断によっては、再度、大統領選挙が行なわれる可能性もあります。

Spray for Changeの公式ウェブサイト(本プロジェクトを分かりやすく紹介しているドキュメンタリー映像付き)
http://sprayforchange.com/

2013年3月16日 西尾咲子

日本人を運び屋とした薬物密輸犯罪〜大使館からの注意喚起

本日報道にもあったとおり、ジョモ・ケニヤッタ国際空港で日本人男性の出国荷物から薬物が発見され、ケニア警察に逮捕される事件が発生しました。
昨年以来、ナイロビから日本に向けて、日本人旅行者等に薬物を運ばせて日本に密輸する事件が発生しています。密輸の手口は、日本人旅行者等にケニア人等が親しげに近づき、「日本の友達にプレゼントを持って行ってほしい。」、「お土産を持って行ってほしい。」等とお願いして、薬物が内部に隠されたコーヒー袋、ナッツ、バック等を運ばせるものです。アルバイト的に運搬報酬を支払って依頼するケースもあります。また、薬物は巧妙に隠されており、荷物を一見しただけで発見することは極めて困難です。
薬物密輸出入は、日本もケニアも重罪です。「薬物が隠されていたとは知らなかった。」ではすまされません。
在留邦人の皆様におかれましては、「ケニア出国の際に他人から決して荷物を預からないように」、「たとえ知人から預かった荷物でもあっても、中身を十分に確認するように」注意喚起をお願いいたします。

平成25年2月21日
日本大使館
領事・警備班


People's House in Kenya



古着のパッチワークで参加者が思い思いに服を作る「People's House」の活動は、埼玉県の北本市を中心に展開されています。そのPeople's Houseの展示販売会が、この2月23日(土)と24日(日)に開催されるのですが、それに合わせて西尾工作所ナイロビ支部では、ケニアのリサイクル・アートを紹介すべくリサーチと収集を進めてきました。

「People's House in Kenya」は、そんなリサイクル精神あふれるケニア人にも、パッチワークの服を思い思いに作ってもらおうという企画です。《Overall: Steam Locomotive》というプロジェクトの時もそうでしたが、友人伝いで不要な服を集めると、ここケニアでもすぐに数十着の古着が集まります。


西尾美也&西尾工作所ナイロビ支部《Overall: Steam Locomotive》2010 
Photo by Yasuyoshi Chiba

古着を解体してパッチワークにする作業は、僕が担当しました。ケニアには半屋外で働くようなテイラーがたくさんいて、ミシンで服を仕立てたり、お直ししたりしている人の姿をよく目にします。パッチワークの生地を持って、そういう人たちのところへ訪ねました。

「この僕のオリジナルの生地を使って、服を仕立ててほしい」と相談します。工房にはカラフルな服見本があって、どんな形がいいかを指定することができます。ケニアの女性がよく着ている「キテンゲドレス」を選んで発注しました。他にもこの工房では、小学生たちの制服を作っていたので、「制服モデル」も発注。合計4着を注文したのですが、2日後にはさっそく完成しました。



完成して何より驚いたのは、このカラフルなパッチワークは、カラフルな伝統布で身を包むというケニアの環境にとても馴染むし、ケニア人にとても似合いそうだということ。People's Houseのケニアでの展開が頭に浮かびます。

これらの商品は、埼玉県北本市のナヤノギャラリーにて展示販売されます。ぜひケニア人テーラーが作ったPeople's Houseを、実際に手にとって見てみてください。
http://kitaminlabo.com/info/atelierhouse-open/

2013年2月15日 西尾美也

路上のギタリスト

西尾工作所ナイロビ支部では、日頃から複数のリサーチとプロジェクトを同時に進めています。この日は、あるプロジェクトの材料となる「古着を購入する」という目的で、マーケットに行きました。

Omondiと上手く連絡がとれず、結局一人で広いマーケット内を散策することになったのですが、忘れてならないのは、ここはナイロビということ。治安はそんなによくありません。しかも観光客なんか行かないようなマーケットです。けっして一人で街を歩いてはいけないというガイドブックや大使館からの注意が聞こえてきます。

別の目的で来たということと、そんなふうにわりと大きな不安を抱えていたものですから、彼にでくわした時の感動はひとしおでした。

路上のギタリストです。



ギターとハーモニカで和やかに音楽を奏でています。耳で聞いて安心します。一方、「リサイクル・アイテムを探す」という課題も別に持っていた僕には、強烈なイメージとしてそれは目に入ってきました。

ポリタンクや端材、ロープ、瓶の蓋などどこにでもあるような材料でギターが作られているのです。しかもご覧の通り、かなりかっこいい。洗濯ロープの弦をはじくとちゃんといいかんじの音がでるし、足でリズムをとると指にひっかけたロープの先についた瓶の蓋が音を奏でます。

人の創意工夫に感動するかどうかというのは、受け手のその時の条件に大きく左右されるのだと思います。路上のギタリストはこの日の僕には大ヒットで、ナイロビではじめてチップを渡したくらいです。

※西尾工作所ナイロビ支部が企画協力する「ケニアのリサイクル・アート展」は、埼玉県北本市のナヤノギャラリーで、2月23日(土)・24日(日)開催です。
http://kitaminlabo.com/info/atelierhouse-open/

2013年2月13日 西尾美也

3月4日総選挙の実施に伴う注意喚起〜大使館からの注意喚起

1.ケニアにおいては、3月4日に総選挙(大統領、上院議員、下院議員、下院女性代表、郡知事、郡議会議員)が実施されます。2007年12月に行われた前回総選挙(大統領及び一院制の国会議員)後には、その結果をめぐって首都ナイロビを始めケニア各地で暴動が発生し、死者1,100人以上、国内避難民50万以上の大被害をもたらす事態となりました。

2.現在、3月4日の投票日に向け、政治集会が頻繁に開催されるなど選挙運動が活発に行われています。1月17・18日に実施された各政党の予備選挙においては、投票をめぐる混乱や選挙結果を受けて全国各地で抗議デモが発生し、一部地域においては、道路の封鎖・商店の略奪などが行われ、死者が発生しました。また、昨今、ナイロビ市内のスラム地域ではパンガ(山刀)等の武器が大量に流通・所持されているほか、都市部には銃器が流入しており、一部地域での緊張を高めています。こうした中、選挙の結果をめぐって前回総選挙と同様の暴動が発生する可能性も否定できません。

3.また、ケニアから沿岸州の分離独立を目指すモンバサ共和評議会(The Mombasa Republican Council)は、総選挙を妨害すると宣言しており、これまで同グループが関連しているとされる政治集会及び選挙関連施設に対する襲撃事件が発生しています。さらに、ソマリアを拠点とするイスラム過激派組織「アル・シャバーブ」も、昨年11月にケニアの総選挙を粉砕するとの声明を出しており、選挙時期をねらったテロ攻撃の発生が懸念されています。

4.ついては、ケニアに渡航を予定している方は、報道等から最新の情報入手に努め、暴動が発生するおそれが高いと言われている3月4日投票日から4月末までの間(大統領選の結果は、3月11日までに発表される予定ですが、過半数を超える得票などの条件を満たす候補者がいない場合は、4月11日に決選投票が行われ、その後1週間以内に最終結果が発表される予定です。)は、渡
航の是非を含め、自らの安全について真剣に検討を行い、十分な安全対策を取ってください。また、ケニアに滞在する方は、デモ・暴動等発生時は、不要不急の外出を控えるとともに、外出時においては、政治集会が行われている場所を避け、公園・広場・商店など人が多く集まる場所に行くときは周囲の状況に十分注意を払い、万一、デモ・暴動等に遭遇した場合には速やかに避難するなど、自らの安全確保に努めてください。

5.なお、ケニアに渡航・滞在される方は、最近のスポット情報及び危険情報( http:/www.anzen.mofa.go.jp/ ) を改めてご確認ください。

 ●以下安全に関するページもご確認ください。

【ケニア大使館ホームページ】
・在ケニア日本国大使館ホームページ
http://www.ke.emb-japan.go.jp/j-index.html
・在ケニア日本国大使館ホームページ → 領事安全情報
http://www.ke.emb-japan.go.jp/anzennew.html
・在ケニア日本国大使館ホームページ → 領事安全情報 → 安全情報
http://www.ke.emb-japan.go.jp/anzennew.html

【外務省海外安全ホームページ】
・外務省ホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/
・外務省ホームページ→渡航関連情報(メニューバー)→海外安全対策「海外安全ホームページ」
http://www.anzen.mofa.go.jp/
・海外安全ホームページ→アフリカ(南側)(地図)→ケニア→感染・スポット・危険情報
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=100#header

平成25年2月9日
在ケニア日本国大使館
領事・警備班

レジ袋とロープのサッカーボール



ケニアのリサイクル・アートについて少しリサーチを重ねたところで、他に何かリサイクル・アイテムのアイデアがないか、ケニア人のオモンディに聞いてみました。

「(オモンディが生まれ育った)キベラ(スラム)ではたいていのものがリサイクルだが……」と、彼にはリサイクルということが当たり前すぎて、どんなものを僕が面白がっているのか、すぐには検討がつかない様子。

でも、「例えばこんなのか?」と言って出てくる項目のすべてが、僕を満足させるものでした。

「父親が電気工事士だったので、小さい頃はよくケーブルで動物を作った」
「母親がテイラーだったので、小さい頃はよくハンガーの針金で車を作った」
「子どもの頃と言えばよくサッカーボールを作った」
「ブリキ缶で車を作った」「廃タイヤで転がして遊ぶオモチャを作った」
「底に穴が空いた鍋を修理することだってある」

しかも、材料さえあれば今でも簡単に作れると言います。

本物が安く手に入りやすくなって今の子どもたちはあまり作っていないけど、昔は誰もが作り方を知っていて、一週間に一つは作っていたというサッカーボール。
今回はそれを実際に制作してもらうことにしました。

材料はレジ袋とロープだけ。なんとも素早く慣れた手つきで作っていきます。体育会系のオモンディですが、僕以上に器用かも。「まさか大人になってこれを作るとは……」と言いながら、オモンディは制作を楽しんでいます。

丸めてぎゅうぎゅうに詰めたレジ袋をロープで編んでいくだけのとてもシンプルなボール。みんなこれを裸足で蹴っていたかと思うとけっこう固いのですが、それだけ十分な蹴り心地があります。飾るとオブジェのようにもなってかわいいです。



※西尾工作所ナイロビ支部が企画協力する「ケニアのリサイクル・アート展」は、埼玉県北本市のナヤノギャラリーで、2月23日(土)・24日(日)開催です。
http://kitaminlabo.com/info/atelierhouse-open/

2013年2月9日 西尾美也

ケニア東海岸部の観光案内



ケニアやタンザニア、ウガンダなど東アフリカで観光といえば、ゾウやライオン、シマウマが群れるサバンナやゴリラが棲息する森林が思い浮かびますね。カラフルな装飾品と布をまとった民族ダンスや音楽も聞こえてきそう。そんな東アフリカでも、海岸部はまったく違ったカルチャーで私たちを魅了してくれます。

ソマリアからケニア、タンザニアを下ってモザンビークまで続くこの東アフリカ海岸部の文化はスワヒリ文明と呼ばれる独自の巨大な文化圏を形成しています。ポルトガル植民者がやってくるずっと前から、何千年もの時間をかけて、インド洋の交易活動をとおしてアラブ、ペルシア、インド、果ては中国からの文物や言語、宗教、生活風習と土着のアフリカ文化が混じりあってきました。



海の幸を味わえる多様な料理や透きとおった海面、不思議な海洋生物、移り変わる支配者たちが残した足跡、森林の奥に眠る一千年近く前に栄えた町の遺跡、古いスワヒリ建築が立ち並ぶ迷路のような細道、ココナッツやマンゴー、パパイヤなどたおやかに揺れる果樹、どこまでも続くサイザル麻のプランテーションにそびえ立つバオバブの木。色鮮やかな伝統布を纏った女性たち。町の至るところにあるヒンドゥー寺院とイスラム風モスク。そこに白い衣装の男性たち群がって和やかに会話を楽しむ夕べ。

わずか百年間で1から造り上げられたナイロビの都市景観に飽き飽きしてきたら、ちょっと一息ついて視線を遠くに投げかけるのにぴったりな地域です。ちなみにケニア政府は2030年を目指して、アフリカ随一の先端技術都市「コンザ・シティ」をサバンナの真ん中に作ろうとしています。今はまだ草原以外は何も存在しない風景。20年後は高層ビルや道路、人々が所狭しとひしめき合っている都市が出現しているのでしょうか。そこでは人々は何を信仰しているのでしょうか。数千年かけて作られた町と百歳を過ぎたばかりの首都、これから急速に都市が立ちあがってくるであろうサバンナ。これら3つを一気に回ってしまうのも、おすすめのケニア観光プランです。

2013年2月4日 西尾咲子

Nairobi judo



For many years, the sport and practice of judo remained as a reserve of the disciplined forces of Kenya, save for two, maybe less, places like Malindi where actual civilians got to practice. In the recent years however, the practice has greatly decentralized from the forces with the establishment of civilians clubs such as the one in Rongai, run by a guy called Nyundo, and most importantly, to me, the introduction of judo to Kenyatta University.



When I joined in 2008, the practice was sort of dying because the university saw no value in hiring a qualified coach to run the show, which forced students to bear the whole burden of teaching the art they understood very little, if any, about, but that did not stop me from joining the bandwagon. After a year of practice I was promoted to the rank of green belt and made captain of the team, which meant I now had to teach others what I had so far learnt. I taught break falls, a couple of throws and some few mat maneuvers, but after some time I started getting the feeling that I wasn’t making any real progress myself, so the passion slowly faded, and I also got bigger and better fish to fry.



A year or so later we have a new coach from South Africa and the fire in me kind of just rekindled with a vengeance. I excavated my judogi from the depths of places not many want to know, cleaned it up and went back to the tatami. Although I lost quite some precision somewhere along the course of time, I practice harder and with more determination than before, knowing I can keep my kodokan dream alive.

Still the practice and sport of judo is rather uncommon in the country being there no more than 10 clubs, a weak embattled association and minimal to zero publicity. Maybe, I hope, many people will get a chance to learn this beautiful art when there are more clubs in Nairobi and the larger Kenya, and maybe I will be part of that change, I’ll be honored. Apart from Nairobi, Nakuru and Malindi are the only other places one can practice judo in Kenya.

January 30, 2013 David Omondi

イスラム過激派組織によるテロ事件に関する注意喚起について〜大使館からの治安情報

1月16日、アルジェリア南東部の石油プラント施設において、イスラム過激派組織の襲撃により日本人を含む多数の外国人が犠牲になるテロ事件が発生しました。
ケニアにおいては、2011年10月ソマリアに侵攻して以来、爆弾・銃器によるテロ事件が発生しているところ、本件を受け、今一度、在留邦人の皆様にケニアにおける最近のテロ情勢・テロの特徴・テロ対策を再認識・再確認していただき、安全に生活していただけるよう添付の資料を作成しましたのでご参照ください。
なお、本件に関してまして、1月23日、外務省より次のとおりスポット情報が発信されておりますのでご参照ください。

【スポット情報】

イスラム過激派武装集団によるテロの可能性に関する注意喚起
2013年01月23日

1.1月16日,アルジェリア南東部のイリジ県イナメナスにおいて,武装勢力により日本人を含む外国人多数が襲撃・拘束され,死者が発生する事案が発生しました。事件後,犯行グループとみられるイスラム原理主義武装集団が声明を発表し,マリにおける戦争に参加している諸国に対しさらなる攻撃を行うと述べるとともに,イスラム教徒に対して,安全確保のため欧米系,特にフランス系の会社や施設から離れるよう呼びかけました。

2.さらに,1月21日,フランスの週刊誌インターネット版にアルジェリアにおける人質事件の首謀者とされるモクタール・ベルモクタールのスポークスマンの本事件に係る発言に関する記事が掲載され,その中で同人は以下のとおり,新たなテロの発生を警告しています。
(1)我々はたった40人で800人の兵士が防護する戦略拠点に到達できたので,90%成功したと言える。
(2)十字軍たるフランス及びシオニズムのユダヤ人は,マリ北部におけるムスリムに対する攻撃のつけを払うことになるだろう。
(3)フランスに数十人のモアメド・メラー(注:2012年3月のトゥールーズにおける連続銃殺事件の犯人)やカーレド・ケルカル(注:1990年代に仏国内で一連のテロを引き起こしたグループ)が出現することを知るだろう。
(4)アルジェリアのイナメナスでの攻撃は始まりに過ぎない。
なお,フランスでは,フランス国内のテロの発生に対する警戒を強めており,駅,空港,学校,宗教施設,観光地等に対する警備を強化しています。

3.本件に関しましては,フランスのみならず,中東,アフリカ,欧米等広域にわたり,テロの標的になる可能性があります。つきましては,イスラム原理主義武装集団が欧米権益,特にフランス系の権益並びに欧米の旅行者が訪れる観光地等に対するテロの可能性に注意し,これに巻き込まれないよう,現地大使館,総領事館等から最新の関連情報の入手に努めること等を通じ十分な安全対策を講じてください。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関連各課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)3680
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)


平成25年1月25日
日本大使館
領事・警備班

Bush gym



Deep in the guts of kileleshwa, some place one would call beautiful scenery, and the other dull surrounding, my friend and former classmate has founded and runs an outdoor gym where his friends and he train. Using improvised equipment that are made from easily available stuff such as construction blocks or cement and ballast and heavy metallic water pipes, the gym runs on completely zero expenses, save for buying things like mats and pretty dumbbells for training women and girls.
 
Having had pretty hard times that made him drop out of the university, Victor Ochieng’ never gave up on his passion for body building and fitness. According to me Victor is one of those people that get too passionate about certain things to the point of contagion because looking back at my university life in the earlier years when I still was not sure what I wanted with my life, Victor knew his exact course and that is one of the reasons I stayed motivated.
 


The most peculiar thing about bush gym is the relaxed atmosphere. Put that together with the wide wild range of possibilities an outdoor set up presents and one gets the feeling of invincibility, victory after every training session. The other point of interesting note is the fact that bush gym manages its way around the great hurdle of “expensive” in the fitness world of Nairobi. Looking at the neighborhood in which it is situated, kileleshwa, many gyms charge an arm and a leg for a training session, the same quality, maybe less, that one gets at bush gym, at the lowest expense ever. The gym also takes personal training clients in the early mornings and late evenings.

Sad part about bush gym is, as I experienced last time I was there, the scorching sun of the midmorning and afternoon, and of course the possibility of rain that would force one to cancel a training session. Keep all factors constant and its one of the best places to ever train at. Personally I try to go there at least once a week, and if I have the time for it twice or thrice a week.

January 21, 2013 David Omondi


links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM