ナイロビ×アート:フリーペーパー



近年、世界中で急増しているフリーペーパー。ここナイロビでも、この数年でオシャレで面白いフリーペーパーがいくつも登場しています。それだけナイロビにはカルチャーを楽しもうとする人たちが急増しているということのあらわれでしょう。
昨夏に登場した「Kenya Yetu(スワヒリ語でOur Kenyaの意味)」はその最高峰。デザインもコンテンツも分量もダントツで優れており、サイエンスからアート、ファッション、スポーツ、政治まで、幅広く魅力的にケニアを紹介しています。2011年創刊のカルチャーに特化した「Up Magazine」もおすすめ。政治や社会につねに批判的な目をむけつづけるナイロビ文化人たちの最新動向をつかむことができます。てっとり早くイベント情報だけ仕入れたいなら「Kenya Buzz」が便利。ナイロビ中で行なわれている展覧会や音楽ライブ、演劇、ナイトクラブの基本情報がリストになっています。それ以外にもArt Cafeが定期刊行している「Art & Life」、在留外国人むけの「XPATLINK」など、無料で楽しめる情報誌はまだまだあります。
それぞれのフリーペーパー発行会社はウェブサイトでの情報発信にも力を入れているので、ケニアに来る予定のある人たちは事前にアクセスしてから来ると、ナイロビの楽しみ方が倍増するはずです。

2013年3月30日 西尾咲子

※ナイロビ・アートツアー2013はすでに催行が決定しております。現代アートから伝統美術、料理、建築、音楽、雑貨、サファリ、地域活動までケニアとアフリカの「今」を思う存分味わえる9日間(5月4日〜12日)の旅。まだまだお席に余裕があります。皆さまのご参加をお待ちしております。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM