ナイロビ×アート:NAIROBIAN



「パリジャン」「ニューヨーカー」「ロンドナー」世界の名だたる文化都市には、そこに住む人たちをユニークな存在として指す名称がありますよね。そんな呼び方を得ている都市ってまだまだ少ないのでは。
最近、ナイロビで「ナイロビアン」という言葉を耳にすることが増えました。この3月には大手メディア会社が、ついに「THE NAIROBIAN」という地方紙まで発行。ただ生活をするだけの場ではなくて、特別な愛着をもって「自分たちのユニークな町を育てていこう」という意欲 を感じます。
ナイロビに来た外国人から「ニューヨークみたい」という感想を何度か聞いたことがあります。エネルギッシュで多様な人々が集い、新しいことを生み出そうと いう活気がダウンタウンには溢れています。もちろん、植民地経験を経てきたアフリカだからこそ、「西欧とは違う」何かを強く心に留めているのも魅力です。

2013年3月20日 西尾咲子

※ナイロビ・アートツアー2013の応募締切は3月31日です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM