People's House in Kenya



古着のパッチワークで参加者が思い思いに服を作る「People's House」の活動は、埼玉県の北本市を中心に展開されています。そのPeople's Houseの展示販売会が、この2月23日(土)と24日(日)に開催されるのですが、それに合わせて西尾工作所ナイロビ支部では、ケニアのリサイクル・アートを紹介すべくリサーチと収集を進めてきました。

「People's House in Kenya」は、そんなリサイクル精神あふれるケニア人にも、パッチワークの服を思い思いに作ってもらおうという企画です。《Overall: Steam Locomotive》というプロジェクトの時もそうでしたが、友人伝いで不要な服を集めると、ここケニアでもすぐに数十着の古着が集まります。


西尾美也&西尾工作所ナイロビ支部《Overall: Steam Locomotive》2010 
Photo by Yasuyoshi Chiba

古着を解体してパッチワークにする作業は、僕が担当しました。ケニアには半屋外で働くようなテイラーがたくさんいて、ミシンで服を仕立てたり、お直ししたりしている人の姿をよく目にします。パッチワークの生地を持って、そういう人たちのところへ訪ねました。

「この僕のオリジナルの生地を使って、服を仕立ててほしい」と相談します。工房にはカラフルな服見本があって、どんな形がいいかを指定することができます。ケニアの女性がよく着ている「キテンゲドレス」を選んで発注しました。他にもこの工房では、小学生たちの制服を作っていたので、「制服モデル」も発注。合計4着を注文したのですが、2日後にはさっそく完成しました。



完成して何より驚いたのは、このカラフルなパッチワークは、カラフルな伝統布で身を包むというケニアの環境にとても馴染むし、ケニア人にとても似合いそうだということ。People's Houseのケニアでの展開が頭に浮かびます。

これらの商品は、埼玉県北本市のナヤノギャラリーにて展示販売されます。ぜひケニア人テーラーが作ったPeople's Houseを、実際に手にとって見てみてください。
http://kitaminlabo.com/info/atelierhouse-open/

2013年2月15日 西尾美也

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM