展覧会「Matatu Project in Movement」がオープン

この数ヶ月間ほど、西尾工作所ナイロビ支部は「Bebabebag」というプロジェクトタイトルのもとでナイロビ市内の公共交通機関と人力運搬について、アートとファッションの視点からリサーチと作品制作、パフォーマンスを行なってきました。同じ期間に、ケニア出身アーティストであるデニス・ムラグリも公共交通機関のマタツを題材に版画と絵画作品を制作してきました。この2組による展覧会「Matatu Project in Movement」が、2012年12月7日(金)から2013年1月15日(火)まで、ナイロビのウェストランド地区にあるLe Rustiqueで開催されています。



オープニング当日は、私たちの友人やコラボレーター、デニスの所属するKuona Trustのアーティスト仲間などが足を運んでくれました。欧風カフェギャラリーの壁には、マタツのイメージを更新するようなデニスの迫力ある版画作品がたくさん掛けられ、その間を縫うように「Bebabebag」の鞄型オブジェが吊り下げられています。



このカフェギャラリーにくるような外国人や高所得者層は、普段、公共交通機関や人力運搬などに「自分たちは使用するべきではない乗り物」としてレッテルを貼ったり、見下したりして絶対に乗りません。しかし、「公共交通機関こそが都市の生命線であり、都市景観の要である」という信念に近い切望をもって、この2組のアーティスト集団は作品制作を手がけています。これらのイメージを張り付けまくることでこの空間をハイジャックできたような、現実においてもナイロビの公共交通機関の更新が既存の社会政治的隔離を撹乱していくような、そのような気迫がポップでユニークな作品の裏側からにじみ出ていればと思います。



入り口の棚に置かれたマタツ18分の1サイズの鞄「Bebabebag Mini」は、スタッフやお客さんに好評です。サイドに貼られた標語ステッカーが1点1点違って面白く、それを楽しげに読んでる姿が見られます。たとえば、私の好きな標語はこれ、「I WILL USE THE STONES THAT MY ENEMIES THROW AT ME TO BUILD MY OWN FOUNDATION(私の敵が投げてきた石で、私の基礎を築いてやるわ)」。「なにくそ」というスピリットや「じーん」とくる感動、「フフフ」と笑うような皮肉などが英語やスワヒリ語で書かれていて、言葉遊びが好きなケニア人らしさを感じます。私たちの小さな息子も大のお気に入り。「ベバベバ!(運べ運べ!)」と嬉しそうに叫びながら肩からかけるので、彼のファーストバッグになりました。

2012年12月21日 西尾咲子

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM