6mのパイプを運ぶ



僕のアパートでは共同受信のテレビアンテナがなくて、テレビを見たい家庭は個別にアンテナを立ててケーブルを引く必要がある。だから、アパートの屋根には、いくつもアンテナが立っている。住宅が密集したスラムになるとこの光景は圧巻で、掘建て小屋から空に向かって伸びるいくつものアンテナ群は、インスタレーション・アートさながらである。

取り付けの作業は大工と管理人がやってくれるのだけど、アンテナとケーブルとポールは自分で買ってきてとのこと。幸い、歩いて15分ほどのところに金物類を扱うショップが集合するエリアがあったから、さっそくポール目当てに出かけた。条件は3〜4mくらいの金属ポール。なんでかちょうどいい長さだけがなくて、2.5mか6mかの選択を迫られることになって、短くて足りないより長すぎるくらいがいいだろうと思って、6mのポールを選んだ。

ナイロビの道では素手でいろんなものを運んでいる人を目にするから、6mという長さには少しも躊躇しなかった。みんなと同じように素手で家まで運べばいいだけ。もちろんこれが東京だったら、ずいぶん覚悟は異なると思う。6mのパイプを素手で運ぶには道が入り組んでいて、人が多くて、不自由だということもあるし、何より作業着でも着こなしていない限り人の目が気になるはず。その代わり日本だったら、ホームセンターで購入して配送サービスにお願いするか、一時間以内無料とかのトラックを借りて自宅まで運んでいたと思う。もしかしたら、伸縮可能な物干竿なんかを購入すれば、もっと簡単に解決できることかもしれない。

パイプを持ち上げたら、思ったより重かった。立てて持つには重すぎるうえに長くて電線にひっかかるし、横向けで持つにはいろなん人やモノにぶつかるから、進行方向に向かって真っすぐにかまえるのが一番いいということは、持ち上げてすぐに勘でわかった。それでも、重いからといって両手で持つと肩を90度曲げながら歩くことになって、かなり辛い。どうやら、片手でバランスをとりながら持つのが一番らしかった。

前後のバランスを崩すとどちらか一方の先が地面にぶつかる震動に焦るし、左右にぶれると円運動によってポールの先が思いのほか遠くまで移動して何かにぶつかりそうで焦る。ただ、前後左右のバランスさえ上手く保てばパイプと一体になる気分さえ覚えた。これは、身体感覚を拡張/制限することによって身体を再認識するようなワークショップの一種だと気付いた。



「6mのパイプを運ぶ」というナイロビにおける日常的なお題は、それだけで日常を再考するワークショップのテーマになり得る。あるいは、何でも素手で運んでしまう人々の光景を新しい人間のシルエットとして考察すれば、どんな最先端のファッションよりもインパクトがある。守られたステージ上ではなく、日常にいきなり、しかもきわめて普通に、現われてくるわけだから。

ところで、アンテナ用に購入した6mのパイプは、やっぱり長すぎた。予定より一段下の階からパイプを設置することになって、なんと一番長いのに一番低いという結果になってしまったのだ(写真上)。

2012年12月9日 西尾美也

(ちなみに、他の地域に先だってナイロビではちょうど今月中に全面デジタル放送に移行される予定で、そうなると、受信機を手に入れてテレビを見られるのはナイロビ市の人口の約20%だけだという統計もある。来年3月の大統領選に向けた政府のたくらみだという指摘もあり、気が気でない。[前回の選挙ではテレビでの開票速報が突然中断し、それまでの結果がくつがえされる形でキバキ候補の勝利が宣言されたという])

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM