小型バッグ「Bebabebag Mini」



12月7日から始まる展覧会「Matatu Project in Movement」での展示に向けて、ンガラ地区のマタツ修理職人たちと、マタツの形をした小型バッグ「Bebabebag Mini(ベバベバッグ・ミニ)」を制作しています。マタツは、ケニアの一般大衆の生活の足である公共交通機関(ミニバス)です。ンガラ地区の修理工房群は、数あるマタツ修理場のなかでも、最も大きくて活気ある場所。ちょうど3年前から何度も足を運んで共同作業してきたので、縫製職人や溶接工、大家、問屋店主などとも顔なじみになり、くつろいで働ける仕事場の1つになりました。



ここのマタツ修理工房で長年働いてきた職人たちの手とミシンで作られた「ベバベバッグ・ミニ」には、ユニークな魅力がいっぱい。カラフルな素材は、マタツの座席シートとまったく同じものを使用。手で触れると、まるでマタツに乗り込んだ気分になります。両側面にはそれぞれ、オリジナルステッカーの飾り文字と格言が貼られており、マタツ独特の風格を醸しだしています。上面にジッパーがあり、容量はほど良く大きめ。取り外し可能な取っ手をつけて、財布と携帯、手帳などを入れるハンドバッグとしてもよし、子ども用のバッグとして肩に斜めがけしてもよし。道具や化粧品を入れるポーチとして机に置けば、お部屋を飾るアクセサリーにもなります。



「ベバベバッグ・ミニ」は展示の一部になるだけでなく、販売もしています。お気に召した方は、ぜひご自宅の小物入れや買い物のお供として、連れて帰ってください。あなたの毎日の暮らしに、活気あふれるナイロビ下町の気分を運んでくれます。

※日本へも発送します。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

2012年11月26日 西尾咲子

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM