Bebabebagの制作



今週はBebabebagの制作がピークを迎えました。

今回一番のコラボレーターであるミシン縫製職人のキアリエさんが大活躍を見せてくれました。これまでマタツのシートを縫い続けてきた経験があるので、「こうやれば上手くいく」という勘が働き、すべてを言わずともオーダーを汲み取っていきます。見たことも縫ったこともない不思議なパターンを縫うのを、そしてそれが形になったときを、誰よりも楽しんでいました。



キアリエさんと西尾美也が熱心に作業する場には、つぎつぎとジュアカリ職人達が集まってきます。「何を縫ってるんだ?」「次は何を縫うんだ?」「何色の布を足すんだ?」「ハサミはどこへいった?」「こうした方がいいんじゃないか?」と質問しながら、自然と手が出てきて、糸を切ったり素材を渡したり、作業に加わってきます。



その中には、2年前にも「Overall」ワークショップに毎日参加していたムトゥアさんの姿が。当時と同じように、興味津々の目で作業を観察し、できあがる一つ一つの形を驚きのため息をつきながら喜んでいます。

こうして順調にBebabebagが10体、完成しました。マタツのシート素材とそれを縫い続けてきた職人の腕。強力なナイロビらしさを詰め込んだバッグが、もうすぐストリートに登場します。

2012年10月4日 西尾咲子

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM