キスマユ制圧に伴う報復テロ攻撃に対する注意喚起〜大使館からの治安情報

以下のとおり、スポット情報を発出しますので、添付資料をご確認ください。

平成24年(2012年)10月1日
キスマユ制圧に伴う報復テロ攻撃に対する注意喚起

【概要】
9月28日早朝、ケニア軍を中心とするアフリカ連合の部隊が、イスラム過激派「アル・シャバーブ」の最後の砦とされたソマリア南部の港町キスマユの主要地域を制圧しました。今後、アル・シャバーブが、ケニア国内においてテロ攻撃を活発化させ、報復テロ攻撃を起こす危険性が高まっています。特にナイロビ市内シティ・センターや教会周辺においては、最大限の警戒をお願いいたします。
 
以下安全に関するページもご確認ください。

【ケニア大使館ホームページ】
・在ケニア日本国大使館ホームページ
http://www.ke.emb-japan.go.jp/j-index.html
・在ケニア日本国大使館ホームページ → 領事安全情報
http://www.ke.emb-japan.go.jp/anzennew.html
・在ケニア日本国大使館ホームページ → 領事安全情報 → 安全情報
http://www.ke.emb-japan.go.jp/anzennew.html

【外務省海外安全ホームページ】
・外務省ホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/
・外務省ホームページ→渡航関連情報(メニューバー)→海外安全対策「海外安全ホームページ」
http://www.anzen.mofa.go.jp/
・海外安全ホームページ→アフリカ(南側)(地図)→ケニア→感染・スポット・危険情報
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=100#header

平成24年10月1日
在ケニア日本国大使館
領事・警備班

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM