Nairobi Barabara



「Nairobi Barabara(ナイロビ・バラバラ)」では、食やファッション、アート、書籍、ニュース、子育て、制作活動など、バラバラなテーマのもと、ナイロビの日常的な事柄をレポートします。ナイロビに暮らす西尾工作所ナイロビ支部のメンバー3名が気ままに執筆しています。
「Barabara(バラバラ)」とは、ケニアの公用語スワヒリ語で「道」を意味します。ナイロビを散策しているような気持ちになるレポートをお届けできれば、という願いをこめています。

※画面左側の「contents」より「Nairobi Barabara」をクリックしていただくと、これまでの投稿がすべて表示されます。

We’ve started “Nairobi Barabara” in which 3 members of Nishio Workshop Nairobi regularly report their daily lives in Nairobi in their own way on our blog, writing under various themes like food, fashion, art, book, news, childcare and production activities. The word “barabara” has 2 meanings; “various”, in Japanese and “streets”, in Kiswahili, an official language of Kenya. We hope that our reports will take you for a walk around the city of Nairobi.

*Please click the title "Nairobi Barabara" in a table of "contents" on the left side, then you can read all the past reports.

Kenyan indulgences



One of the most common sights in any Kenyan neighbor hood, the eggs and smokies on standby are the newest most popular indulgence in Kenya today, with the biggest effect being felt in Nairobi. Its basically boiled eggs and smokies with traces of scantily made kachumbari and sauce, maybe even chilli, sold at double the buying price, sometimes more. The egg will cost 20 bob, maybe more, same as the smokie although the price of the latter changes with location. In more affluent neighbor hoods it’s much more expensive. It is easy to say that these two have become the new drug in town because they are so damn addictive, once you start you want to have more, and more, even if not right away.

Eggs and smokies were not always the kings and queens of fast food indulgence in Kenya. In fact a few years ago eggs were restricted to big hotels or eating joints and homes and smokies were a reserve of the well given in society, I for one knew about them much later in life. The oldest I know of, and love religiously, is the roast maize (corn), or boiled, sold in pieces valued at as little as 5 bob. Many people in Nairobi buy this in the evening on their way back home from work, or something. It’s something you eat for the sake of it, and you can take it with the evening tea. Best part being you will always find them, easily, all year round, unless of course you live in the same hood as the president.

There are also others like the very famous mutura, a delicacy made from unwanted remains from the slaughter house, the world famous chips, and chicken, and also great showstoppers like nyama choma, which makes a very good lunch and is dearly loved by public officers and the rest of Kenyans who want to show off to their pals. Roast peanuts are also a common sight, that I also like very much, especially to do alongside mahindi choma (roast maize); the aroma it gives is just so amazing, and being a food conscious chap, its much healthier and fewer in caloric content than all the rest so far mentioned.

There is this myth about mahindi choma together with njugu karanga(roast peanut) and boilo (boiled eggs) will boost sexual stamina, as the young men of Kenya put it. In my opinion thats all bull, not that I haven’t tried, and that I have can also not be told here. But its not uncommon to hear someone give it as a reason, or be asked if that is your reason for having any or all of the three.

April 17, 2013 David Omondi

「Spray for Change」ケニア大統領選挙と平和の誓い



この3月4日にケニア大統領選挙が実施されました。ケニア国民にとっては、この数年間で一番の関心事。前回の2007年末に実施された大統領選挙では、開票作業中の不正をめぐって大規模な民族対立が起き、1000人以上の死者と数十万人の国内避難民を出す最悪の展開になったからです。そのため今年に入ってからナイロビ在住の外国人の多くが、最悪の事態を想定して大量の食料品と消耗品を買い込んで、籠城の準備を進めていました。

その一方で、数えきれないほど多くの、平和を維持するためのキャンペーンも行なわれていました。テレビやラジオ、ストリートデモで繰り返される平和への掛け声。宗教団体が大統領候補者たちを集めて平和を誓わせたパブリックな集会。ナイロビ東部の貧しい地区やスラムでもNGOやコミュニティ団体が主催するさまざまな取り組みが行なわれ、民族間の違いよりもケニア国民の連帯への意識を高めていました。



ケニアのアート界でも詩や映像、絵画、パフォーマンスなどあらゆる表現手段を使った多様なプロジェクトが企画されました。その1つが「Spray for Change」。ケニアの玄関ともいえるジョモ・ケニヤッタ国際空港の工事現場を囲う全長400メートルのトタン板に、10名のグラフィティー・アーティストたちが「新しいケニア」をテーマに描きました。ケニア最大のペンキ会社Duracoatが主催しており、インターネット投票で一番人気のあったアーティストに25万円の賞金が贈られます。これから半年〜8ヶ月は現在地に展示されているとのこと。空からナイロビに降り立ったらまず最初に出会うアートプロジェクトです。

選挙結果が発表されてからちょうど一週間。ケニアは選挙を平和に乗り切り安堵しているところです。

*尚、本選挙の結果をめぐっては、負けた候補が「開票プロセスに不正があった」として最高裁判所へ訴訟を起こしています。暴力ではなく裁判による解決を求めており、今後の裁判所の判断によっては、再度、大統領選挙が行なわれる可能性もあります。

Spray for Changeの公式ウェブサイト(本プロジェクトを分かりやすく紹介しているドキュメンタリー映像付き)
http://sprayforchange.com/

2013年3月16日 西尾咲子

ケニア東海岸部の観光案内



ケニアやタンザニア、ウガンダなど東アフリカで観光といえば、ゾウやライオン、シマウマが群れるサバンナやゴリラが棲息する森林が思い浮かびますね。カラフルな装飾品と布をまとった民族ダンスや音楽も聞こえてきそう。そんな東アフリカでも、海岸部はまったく違ったカルチャーで私たちを魅了してくれます。

ソマリアからケニア、タンザニアを下ってモザンビークまで続くこの東アフリカ海岸部の文化はスワヒリ文明と呼ばれる独自の巨大な文化圏を形成しています。ポルトガル植民者がやってくるずっと前から、何千年もの時間をかけて、インド洋の交易活動をとおしてアラブ、ペルシア、インド、果ては中国からの文物や言語、宗教、生活風習と土着のアフリカ文化が混じりあってきました。



海の幸を味わえる多様な料理や透きとおった海面、不思議な海洋生物、移り変わる支配者たちが残した足跡、森林の奥に眠る一千年近く前に栄えた町の遺跡、古いスワヒリ建築が立ち並ぶ迷路のような細道、ココナッツやマンゴー、パパイヤなどたおやかに揺れる果樹、どこまでも続くサイザル麻のプランテーションにそびえ立つバオバブの木。色鮮やかな伝統布を纏った女性たち。町の至るところにあるヒンドゥー寺院とイスラム風モスク。そこに白い衣装の男性たち群がって和やかに会話を楽しむ夕べ。

わずか百年間で1から造り上げられたナイロビの都市景観に飽き飽きしてきたら、ちょっと一息ついて視線を遠くに投げかけるのにぴったりな地域です。ちなみにケニア政府は2030年を目指して、アフリカ随一の先端技術都市「コンザ・シティ」をサバンナの真ん中に作ろうとしています。今はまだ草原以外は何も存在しない風景。20年後は高層ビルや道路、人々が所狭しとひしめき合っている都市が出現しているのでしょうか。そこでは人々は何を信仰しているのでしょうか。数千年かけて作られた町と百歳を過ぎたばかりの首都、これから急速に都市が立ちあがってくるであろうサバンナ。これら3つを一気に回ってしまうのも、おすすめのケニア観光プランです。

2013年2月4日 西尾咲子

Nairobi judo



For many years, the sport and practice of judo remained as a reserve of the disciplined forces of Kenya, save for two, maybe less, places like Malindi where actual civilians got to practice. In the recent years however, the practice has greatly decentralized from the forces with the establishment of civilians clubs such as the one in Rongai, run by a guy called Nyundo, and most importantly, to me, the introduction of judo to Kenyatta University.



When I joined in 2008, the practice was sort of dying because the university saw no value in hiring a qualified coach to run the show, which forced students to bear the whole burden of teaching the art they understood very little, if any, about, but that did not stop me from joining the bandwagon. After a year of practice I was promoted to the rank of green belt and made captain of the team, which meant I now had to teach others what I had so far learnt. I taught break falls, a couple of throws and some few mat maneuvers, but after some time I started getting the feeling that I wasn’t making any real progress myself, so the passion slowly faded, and I also got bigger and better fish to fry.



A year or so later we have a new coach from South Africa and the fire in me kind of just rekindled with a vengeance. I excavated my judogi from the depths of places not many want to know, cleaned it up and went back to the tatami. Although I lost quite some precision somewhere along the course of time, I practice harder and with more determination than before, knowing I can keep my kodokan dream alive.

Still the practice and sport of judo is rather uncommon in the country being there no more than 10 clubs, a weak embattled association and minimal to zero publicity. Maybe, I hope, many people will get a chance to learn this beautiful art when there are more clubs in Nairobi and the larger Kenya, and maybe I will be part of that change, I’ll be honored. Apart from Nairobi, Nakuru and Malindi are the only other places one can practice judo in Kenya.

January 30, 2013 David Omondi

Bush gym



Deep in the guts of kileleshwa, some place one would call beautiful scenery, and the other dull surrounding, my friend and former classmate has founded and runs an outdoor gym where his friends and he train. Using improvised equipment that are made from easily available stuff such as construction blocks or cement and ballast and heavy metallic water pipes, the gym runs on completely zero expenses, save for buying things like mats and pretty dumbbells for training women and girls.
 
Having had pretty hard times that made him drop out of the university, Victor Ochieng’ never gave up on his passion for body building and fitness. According to me Victor is one of those people that get too passionate about certain things to the point of contagion because looking back at my university life in the earlier years when I still was not sure what I wanted with my life, Victor knew his exact course and that is one of the reasons I stayed motivated.
 


The most peculiar thing about bush gym is the relaxed atmosphere. Put that together with the wide wild range of possibilities an outdoor set up presents and one gets the feeling of invincibility, victory after every training session. The other point of interesting note is the fact that bush gym manages its way around the great hurdle of “expensive” in the fitness world of Nairobi. Looking at the neighborhood in which it is situated, kileleshwa, many gyms charge an arm and a leg for a training session, the same quality, maybe less, that one gets at bush gym, at the lowest expense ever. The gym also takes personal training clients in the early mornings and late evenings.

Sad part about bush gym is, as I experienced last time I was there, the scorching sun of the midmorning and afternoon, and of course the possibility of rain that would force one to cancel a training session. Keep all factors constant and its one of the best places to ever train at. Personally I try to go there at least once a week, and if I have the time for it twice or thrice a week.

January 21, 2013 David Omondi

書籍紹介:『Trading Places』と『Wall Art In Kenya』

写真集を二冊紹介する。いずれもケニアの印象的な光景を特集していて面白く、資料的価値がある。


Steve Bloom『Trading Places: The Merchants of Nairobi』(Thames & Hudson、2009)

食堂や理髪店、仕立て屋など、ナイロビで働く商人を取材した写真集。もともとアフリカの村で撮影の仕事をしていた著者は、飛行機でロンドンに発つまでの空いた時間を使ってナイロビの生活圏をはじめて散策した。村とは対照的な都会の喧噪と人々のエネルギー、そしてそれらを体現している店の佇まいに圧倒されたのが、ナイロビの商人を取材する動機となっている。
場所はKiberaやMajengo、Langata Kitengela Roadなどのディープなナイロビが選ばれている。職業も年齢も多種多様な店主を取材しており、各自ポートレートとインタビュー、店の外観や室内の様子といった構成で、全14組が登場する。同じ型にはまっていない撮影の方法やレイアウトと、インターバルにイレギュラーな写真が挟み込まれていて、見るものを飽きさせない。
同じ立ち位置から少しずつアングルを変えて撮影した複数枚の写真を合成したり、ストリートに沿って少しずつ移動しながら撮影した複数枚の写真を合成するなどのデジタル技術を用いて、高解像度で肉眼に近く、その場を追体験できるような写真も面白い。各商店の写真は、意図的にか曇った雨期に撮影しているものが多く、ドラマチックかつ細部までクリアに映し出している。
ロンドンの出版会社のためクオリティも高く、高価だがナイロビにも流通していることは意義があると思う。クリエイティブでエネルギッシュなナイロビの日常に触れることができる良書。


Arvind Vohora『Wall Art In Kenya』(Arvind Vohora、2011)

独立後にケニアの各所で見られるようになったというユニークな壁画を記録した写真集。商店に着目している点は先に紹介した写真集と共通するが、こちらはあくまでも壁に描かれた手書きの看板やメッセージ(コマーシャル・アートと呼ばれる)にフォーカスを当てており、人物や町の景観はほとんど登場しない。肉をさばく男の姿や酒を飲み交わす人々、いろいろな髪型など店の種類を表現する絵もあれば、バーの店内でよくみられるという、美しい女性に騙されないようにと警告する人魚のモチーフなど、メッセージ性の強い絵もある。
アートの教育もプラットフォームもパトロンもなかったケニアでは、“アーティストのような人たち”ができたことは、このように壁をキャンバスにして絵を描くことだった。実際、現在ケニアで活躍する美術家の中には、かつてコマーシャル・アートの描き手だった人も少なくない。
タンザニアで生まれたArvind Vohoraは、ロンドンで写真を学んだ後、1979年にナイロビに移り住んで写真家として活躍。1980年代に半年間かけてケニアのあらゆる場所を旅して壁画を取材している。台頭するブランドの看板や広告によって姿を消しつつあるこうしたコマーシャル・アートという一つのアートの現象を記録するのが本書の目的で、ケニアの大手通信会社サファリコムのバックアップで出版されている。壁画は確かに面白いのだが、メイド・イン・ケニアの本で単調なレイアウトと味気ないブックデザインが残念というほかない。
Arvind Vohoraは、ケニア国内のビジュアルアートを発展させることを目的に1995年にナイロビに設立されたKuona Trust/ Centre for Visual Arts in Kenyaの共同設立者の一人でもある。

2013年1月10日 西尾美也

ケニアの2012年ニュース総まとめ

ケニアでは2012年にさまざまな出来事がありました。主要新聞社「Nation」によるニュース総まとめ記事「Farewell 2012」を引用しながら2012年を駆け足で振り返り、今年に臨みましょう。

1. ストライキだらけ:公立の小中学校教師や大学の講師、医者、看護士、公共交通機関などが各地でストライキを行ない、庶民の日常生活に欠かせないさまざまなサービスが麻痺しました。

2. アルシャバブ闘争:ケニア軍がソマリアのテロ組織アルシャバブの拠点キスマユを9月28日に攻略しました。2011年の10月から駐留していた兵士たちが凱旋しました。このテロ組織との戦いにより、ケニア兵士35名が死亡、さらにナイロビやモンバサ、ガリッサなどの主要都市でテロ攻撃が頻発するようになりました。

3. バラゴイ虐殺:11月10日、リフトバレー州サンブル市のバラゴイ地区で牛略奪集団によってケニア警察40名超が襲撃され殺害されました。

4. サイトティ墜落死:6月11日、国内防衛大臣のジョージ・サイトティと補佐官ジョシュア・オジョデの乗ったヘリコプターがナイロビ市内で墜落。全乗員6名が死亡しました。詳細は調査中ですが、麻薬組織がらみの謀略ともいわれています。

5. タナ虐殺:ケニアにとって2012年8月は最悪の月だといわれました。さまざまな悪いニュースが立て続けに起こったこの月末、タナ地区で2つのコミュニティの対立が激化。村々の襲撃が繰り返され、その累計死者数は139名超にのぼっています。12月21日には再び39名が殺される襲撃が起きています。

6. デイビッド・ルディシャの金メダル:8月2日、オリンピック800メートル競技でデイビッド・ルディシャが金メダルを獲得。1分40秒91の世界記録をたたき出しました。同レースでティモシー・キツムも3位に入りました。

7. オバマ大統領再選:ケニア西部出身の父をもつオバマ大統領が11月6日に再選し、ケニアも喜びで包まれました。

8. 各政党が同盟を結ぶ:今年3月4日の大統領選にむけて、各政党が12月に同盟を結びました。大統領最有力候補のライラとウフルが、それぞれカロンゾとルートという強力政治家と手を結び、国内は政治的緊張が高まり始めています。5年前のような部族対立による殺戮という悲劇を繰り返さないために、さまざまな取り組みも見られます。

どうかケニアにとっても2013年が平穏で実り多い1年になりますように!

2013年1月1日 西尾咲子

毎日の食品:果物

 


ナイロビのスーパーマーケットや市場、道ばたのキオスク、行商販売などでは、さまざまな果物が安く手に入ります。我が家の食卓によく登場する、安くて美味しい果物を並べてみました。パイナップルから時計回りに、みかん、パパイヤ、マンゴー、ベビーバナナ、ライム、プラム、すいか、バナナ。あらら、小振りの可愛いリンゴを買い忘れてしまいましたが。どれも果汁と甘みがたっぷりで、暑い太陽で疲れた体と気持ちを和らげてくれます。カラフルなので目を楽しませてくれて、お部屋の装飾にもなります。


これだけ盛り合わせて500円もしません。スーパーマーケットは高めで、市場や行商販売がお得です。例えば、スーパーではマンゴー2個で100円近くしますが、行商人なら5個で100円ほどで売ってくれます。ついつい買いすぎてしまって、大人2人と幼児1人でも1週間でこの倍ほど食べてしまいます。ケニアに暮らして、スナック菓子やケーキ、クッキーの消費が激減しました。この他にも、ブドウやキウイ、オレンジ、チェリーなど外国産フルーツも買えますが、日本と比べて同じかそれ以上の値段なので、まったく手が伸びません。


最近、ナイロビのあちこちの街角で、お皿いっぱいのフルーツ盛り合わせを売る屋台が流行しています。テレビ番組や新聞、雑誌などで、フルーツの効能が喧伝されているからでしょうか。オシャレで元気いっぱいの女性に、「あなたの美容と健康の秘訣を教えてください」と尋ねたら、「フルーツをいっぱい食べて、水をたくさん飲んで、ストレスを貯めないこと」という答えが返ってきました。果物は、ケニアの人たちの美しくて明るい笑顔を支えるビタミン剤ですね。


20121212日 西尾咲子


毎日の食品:穀類



ナイロビのスーパーマーケットや市場では、さまざまな食品が手に入ります。とくに最近は、ケニアでも高カロリー・高脂質による糖尿病や肥満症、高血圧が増えているため、美味しいばかりでなく健康に良いことをうたっている食品も目立ってきています。ナイロビにいても、いや、ナイロビにいるからこそ、なかなか日本では手に入りにくかったり、あえて買う気にはならない、さまざまな食品を美味しく健康に味える機会があります。


今回は、私たちが毎日食べている穀類について、振り返ってみたいと思います。日本にいたら深く考えずに白米ばかり食べていたのが、ここでは日本米を買うのが割高なので、別の穀類に手を伸ばすことになります。我が家では、下記に挙げる穀類と日本米との比率は10対1くらい。日本米が恋しくなるどころか、ケニアの太陽をたくさん浴びた栄養いっぱいの雑穀や未精製の食品は、なかなか味わい深くて癖になりつつあります。いつも棚に常備している穀類をまとめてみました(左下の玄米から、反時計回りの順番で説明しています。)


仝縞董日本と同じように、お米も白米と玄米がありますが、我が家では玄米を選ぶようにしています。ピショリやバスマティなどの長粒米が主です。米や小麦粉などの白い精製した食品のパッケージには何も書かれていませんが、茶色の未精製のものにはさまざまな栄養的効能が書かれており、健康になれることがアピールされています。このブラウン・ライスの袋にも「カルシウム、鉄、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛、マンガンなどのミネラル類が豊富。ビタミンB3もたっぷり」と書かれています。


▲譽鵐再ζり玄米:この無精米にはレンズ豆も入っています。タンパク質も一緒に摂れることや、カルシウムやマンガン、カリウムなどのミネラル、ビタミンA、B、C、Eなどを補給できることがうたわれています。ピラウなどの炊き込みご飯に最適なお米です。


ウジ:キビや粟、モロコシ、メイズなどの雑穀がミックスされた粉です。これをお湯と練り混ぜてドロドロのお粥にして食べます。タンパク質やデンプン、さまざまな栄養素が豊富なので、ケニアの代表的な幼児食と朝食になっています。毎日食べると飽きますが、ときどき食べたくなる懐かしい素朴な味がします。


ぅ瓮ぅ此Д吋縫△亮膺であるウガリの原料です。メイズの粉をお湯と練りあげて、お団子のようにして食べます。ビタミンやミネラルが豊富で、腹もちがバツグンです。日本でいうお米のような存在で、シチューや豆、野菜など、どんなケニア料理とも合います。。


ゥ船礇僖謄(ブラウン):チャパティはインド起源の無発酵の薄いパン。食堂やレストランでは「ホワイトかブラウンか」とよく尋ねられますが、原料に精製した白い小麦粉を使うか、未精製の茶色い全粒粉を使うかの違いです。我が家では「ブラウン」を使用。茶色い小麦粉だけでなく、ライムギとアマランサス(テレレ)、キビなどの雑穀も一緒に入っているものを選んでいます。お米といっしょで、「ホワイト」は癖がなくモッチリとした甘味になりますが、「ブラウン」は含水量が少なめで酸味やコクのような味わいと香ばしさが楽しめます


食パン(全麦パン):精製された白くて甘いパンもありますが、我が家では全粒粉から作られたパンやライムギパン、オートムギパン、いろいろな雑穀が入ったパンを選んでいます。日本では「もっちり・ふんわり」をうたった大手メーカーの食パンの原料には、決して健康的でない添加物やカタカナとアルファベットの化学用語がたくさん記載されていることがありますが、ケニアで作られたパンの原料欄はシンプル。このパンなら「全麦粉、小麦粉、オートムギ、小麦のカケラ、イースト、砂糖、塩、植物油」です。もちろんパサツいていますが。


この他にも、欧米風のオートミールやパスタ、ラーメンなどもさまざまな種類が輸入されています。外国人がいっぱい住んでいる地区にあるスーパーでは、うどんやソバまで輸入して売られています。ナイロビの食卓にならぶ主食は、とてもバラエティが豊かだと言えそうです。


20121210日 西尾咲子



links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM